STORY


「大人の身嗜みを整える」


ウルワツタイガーは、神が住むと言われているインドネシアのウルワツから得たインスピレーションと、太古から幸運を呼び込むと言われている虎を掛け合わせたファッションブランドです。 

「大人の身嗜みを整える」をテーマに、鞄一つでライフスタイルを豊かにする「可能性」をお届けしています。
 
私たちのもの作りは、日常で人が輝く瞬間を見つけ出すことから始まります。そして、そのイメージを元に一つ一つ時間と真心を込めてデザインしています。

鞄を作っている時の私たちの目標。
それは、使い手と周りの人の心を動かす商品。

ライフスタイルを共に生きていく商品を作ることです。
 
商品を通じて持ち手とその周りの人びとの生活を豊かにし、笑顔と優しさが日常に少しでも増えることを目指しています。


「ブランドとしての歩み」

ウルワツタイガーのはじまりは、2012年に代表(以下、彼)が世界中旅して廻っていた時に一人のホテルオーナー、コカロット(以下、オーナー)と出逢ったことから始まります。

初めての土地にお客さんとしてホテルを訪ねた時に、客人としてでなく外国人を大切な友人として迎えてくれたことに感動して、

何よりもその細かな気遣いに感銘を受けて、ひととしての在り方の価値観を塗り替えられた旅でした。

その証拠に一部屋10,000円に満たないホテルはagodaで1つ星ホテルにも関わらず、五つ星ホテルを大幅に上回るレビュー値9.8を示し続けたのです。

その後、これだけ人が入るホテルは「立地がいいのではないか」と、同じ地域に同業者が多く参入しました。

同業者は同じ場所で似たようなホテルを作り、クオリティよりも価格的条件で戦い、次々に勝負・参入したホテルは廃業していくのでした。

一つ一つの丁寧なこだわりが詰まった、磨き上げられたオリジナルブランドが客人を豊かにしていたのです。


条件ではなく磨き続ける。
 

その旅先の路面店で出逢ったバッグ。

ノーブランドで、バッグとして縫製はボロボロでした。

このバッグに可能性がどれだけ秘められているかなんて誰にも分かりません。

でも、ぞんざいに扱われずに目の前に与えられた原石を磨き続ければ世界に翔ける存在になるかもしれない。

条件が最高じゃなくても、一つ一つ丁寧に物事に立ち向かえば、きっと成すことが出来る。
 
 
例え路面店に売られているようなバッグでも、
心を込めてとことん向き合えば唯一の存在になることを
旅で時間を共有した大切な人に向けて証明したくて
ブランドを作ることにしました。


彼は、まだデザイナーとしては素人でしたがスケッチブックに新たに不器用に描いたデザインを用意し、直接バッグ工場を廻って交渉しました。

「サンプルを作ってみるよ」と言ってくれた工場のオーナーに金額をふっかけられたり

適当に数だけ作って、売れない商品を納品されたり、

最初から躓いたバッグ作り。

日本からお土産を抱えて持っていき、社長とスタッフに配って、一緒に夜まで考え、たわいのないことで笑いあい、一生懸命作って出来上がったサンプル。

 
いよいよだと思った商品が出来た二ヶ月後。

航空便で輸送してもらい遂に500個を販売出来ると思ってダンボールを開けたら

縫製が緩くなっていてバッグとして機能しない不良品500個が届いた時の身体の震え、、
 
 
どうして、こんなはずじゃ、、、

そう思って社長に電話をかけると

「不良品では無い。これが完成品だ!ベストは尽くした。マザーファッカー」と暴言を吐かれて大切に集めた部品を送り返されました。

後になって分かったことは、送料も運送会社と結託して三倍の請求をされていたのです。
 
 
込み上げる悔し涙と共に、体全体をコントロールする、言葉にならない脱力感。

ブランドをゼロから立ち上げる大変さを身を持って感じる経験でした。
 
 
彼は、成功をして証明をするはずが、多くの負債を背負うことになります。


「転機」


ここで逃げたら意味がない。

余りにも無知だったと経験から思い知った彼は、生地の質と特徴、単価、作り方を学ぶ為に、自分の足で、ベトナム、韓国、中国、インドネシアを廻り3000店舗以上の生地屋さんを見て回りました。

言葉も通じない人たちのお店に行って、門前払いをされては憤りのない悔しさに涙を流しながら、一つ一つバッグの知識を付けていきました。
 
 
技術面、財務面、そして人としての信頼性という観点でパートナー探しをしました。

パートナーとは、一緒にご飯を食べて想いを語り合って、二週間かけてバッグにかける想いを精一杯伝えました。

 
そして、最終的に、

世界中から最も特性に合った資材調達を彼が行い、組み立てを百貨店ブランド製作の経験のあるパートナーが行う仕組みが出来上がりました。


「ブランドとしての在り方」

それから7年。2020年7月現在、作られたデザインはたったの12商品です。

時間と手間をかけてサンプルを何度でも作り直して大切に磨き上げられたバッグ。

着実にファンが増えて、毎月ありがとうのお手紙が届く程多くの人の人生と共に歩み続けています。

今では、街でよく見かけるようになったウルワツタイガーのバッグ。

私たちのもの作りは、日常で人が輝く瞬間を見つけ出すことから始まります。

そして、そのイメージを元に一つ一つ真心を込めてデザインしています。


 
鞄を作っている時の私たちの目標。
 
それは、使い手と周りの人の心を動かす商品。

ライフスタイルを共に生きていく商品を作ることです。
 
手間暇かけた商品を通じて、
持ち手とその周りの人びとの生活を豊かにし、笑顔と優しさが日常に少しでも増えることを心から目指しています。